PR

人工知能(AI)を使った自動運転向けの半導体では、米NVIDIA社のGPUの存在感が大きい。ただ、GPUは高性能な半面、消費電力やコストに課題があり、大衆車に搭載するのは難しいとされる。このため、低電力・低コストの半導体を新たに開発する動きが活発化してきた。採用する自動車メーカーにとっては追い風といえる。新型の半導体はNVIDIA社の牙城を崩せるか。各社の取り組みを追った。

写真提供:アフロ、NVIDIA社
写真提供:アフロ、NVIDIA社
[画像のクリックで拡大表示]