植物由来の新材料であるセルロースナノファイバー(CNF)の利用が大きく広がろうとしている。CNFの複合材料(CNF強化樹脂)を造る生産プロセスが大きく進展し、製造コストが大幅に下がりつつある。これにより、自動車分野での実用化が見えてきた。CNF強化樹脂以外でもCNFが持つ変幻自在ともいえる優れた特性を利用しようと、さまざまな企業が製品開発を始めている。用途の拡大に向けて急成長を始めたCNFについて、その動向を探る。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料