PR

Q6 技術者の働き方改革によって生産性が向上するか

[画像のクリックで拡大表示]

勤務時間に制限を設ける場合には、技術者の生産性(勤務時間あたりのアウトプット量)を高めることが不可欠になる。しかし、「向上すると思う」は46.9%と半数に届いておらず、この課題を解決しなければアウトプット量は減っていくことになりそうだ。

Q7 技術者の働き方改革によってイノベーション創出が高まるか

[画像のクリックで拡大表示]

アウトプットの量が減っても、質を高められれば補えるという考えもある。「高まると思う」は40.5%あるものの、「どちらともいえない」は39.7%とほぼ同数で、「高まらないと思う」(13.2%)も少なくない。イノベーション創出を高める方策も働き改革に必要となりそうだ。