PR

【動向】米NVIDIA社とトヨタが自動運転で提携へ

 米NVIDIA社は2017年5月10日(米国時間)、自動運転分野でトヨタ自動車と提携すると発表した。NVIDIA社が主催する開発者会議「GPU Technology Conference(GTC)2017」で、同社創業者でCEOのJensen Huang氏が明かした。日系の自動車メーカーではトヨタ自動車が初の事例となる。今回の提携でトヨタ自動車はNVIDIA社の車載コンピューター「DRIVE PX」を採用し、今後数年以内に人工知能(AI)を活用した自動運転システムの市場投入を目指す。既に両社のエンジニアリングチームが車載センサーのデータを活用した自動運転向けのソフトウエア開発に着手しているという。

[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車はこれまでDRIVE PXの採用に消極的だった。その理由の1つに消費電力の高さがあった。現行の「DRIVE PX 2」は消費電力が最大で250Wで、現実的な使い方を想定しても80Wと依然として大きく、自動車への搭載は容易ではないとの見方がある。これに対し、トヨタ自動車が今回採用を決めたDRIVE PXは、次世代版のSoC(System on Chip)「Xavier」を搭載するバージョンである。XavierはDRIVE PX 2と同等の性能を約30Wの低消費電力で実現できるなど、電力効率が大幅に改善している。