PR
2016年6月の経営方針説明会に登壇した平井氏
2016年6月の経営方針説明会に登壇した平井氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「今期(2016年度)コンシューマーエレクトロニクス事業は全領域で黒字化する見込みだ。今後は同事業で新しいことに積極的に挑戦する」(ソニー 社長 兼 CEOの平井一夫氏)─。

 業績の改善にメドをつけたソニーが攻めに転じる。同社は2016年6月に経営方針説明会を開催し、2014年度に策定した「2017年度にROE10%以上、営業利益5000億円以上」という中期経営計画の目標を改めて掲げつつ、2018年度以降の成長戦略について語った。この中で強調したのが、ロボット事業への再挑戦とグループを挙げたVR(Virtual Reality)事業の育成である(図1)。

図1 ロボットやVRに注力
図1 ロボットやVRに注力
ソニーは2016年6月に経営方針説明会を開催し、2017年度に営業利益5000億円以上を目指す方針を強調した。ロボット事業への再参入や、VR事業の拡大も狙う。電子デバイスでは、イメージセンサー事業のテコ入れ策を発表した。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料