PR

ヒアラブルとAIは相性が良い
 Breakthrough「耳の中にコンピューター」を読んで、ウエアラブルの中でグラス型は視界や重さの問題、腕時計型はマイクを口元に近づける必要があることを考えると耳装着型と人工知能(AI)は相性が良いと感じた。各センシング技術の向上も大事だが、ゲームチェンジャーとなるキラーアプリケーションの登場に期待したい。
(立石和也、東京都、32歳)

五感の“機械化”が進むのか
 「耳の中にコンピューター」を読んで、小型化がここまで進んでいることに驚きました。しかし、技術が進みますます人間の五感が機械を通して外界と接するようになることは果たして好ましいことなのか考えさせられます。(匿名希望、茨城県、69歳)

プロセッサーがすべてを飲み込む?
 Breakthrough「半導体異種格闘技戦」の「16nmでアナログ業界が混沌、デジタル勢が高性能品も」を読んで考えさせられた。現在でもプロセッサーは何らかの周辺回路を実装している。今後はさらに統合が進み区別が無意味になるのではないか。(渡辺伸一、千葉県、60歳)

AIの用途拡大に期待
 Emerging Tech「ソフト基盤でAIが身近に、開発支援サービスはこう選ぶ」は、最近話題のAIの最新情報が説明されていて興味深かった。どの企業も何らかの形でAI技術を生かして、成果を出し始めているが、これからはもっとさまざまな分野へ適用されるようになり、さらなる改善が期待できそうだと感じた。(匿名希望、神奈川県、43歳)

中国の情報が参考に
 中国のBluetoothイヤホンの売り方についての解説記事、Emerging Biz「中国勢がイヤホンを席巻 売り方と造り方を解剖」が興味深かった。(匿名希望、神奈川県、50歳)

48Vシステムの用途拡大に期待
 Hot News「48V入力で3.3Vに直接降圧、ロームの車載DC-DCコン」の記事に興味を持った。自動車の電源系統の高圧化については、以前から動きはあったが、主流とは言えなかった。今回は、48V対応の高性能なDC/DCコンバーターやLiイオン2次電池が登場し、以前よりは普及しやすくなったと思える。まずは自動車で48Vシステムが広がり、部材コストが下がることで、他分野に応用が拡がると期待している。(湯浅拓也、京都府、29歳)

好評記事ランキング
好評記事ランキング