PR

「ダウンサイジングするならこうでしょう」──。マツダの“ミスターエンジン”こと常務執行役員の人見光夫氏が気を吐くのが、2015年春に北米で発売する新型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「CX-9」に搭載するエンジンを説明したときのことだ。従来の排気量3.7LのV型6気筒ガソリンエンジンから、同2.5Lの過給エンジンに「ダウンサイジング」する。マツダはかねてダウンサイジングに否定的に見えたが、“宗旨替え”したわけではないというのだ。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する