PR

 今号から2015年12月に発売されたトヨタ自動車の新型「プリウス」を取り上げる(図1)。前号までの「クラウン」に続いて、ひろしま産業振興機構・カーテクノロジー革新センターが、ベンチマーキング活動として分解研究を実施した。車両分解の実作業は2016年1月末から2月にかけて、広島国際学院大学自動車短期大学部にて行われた。発売後1カ月という早いタイミングで分解したのは、新型「プリウス」の新技術に関して、多くの企業が注目していることの証といえる。

図1 分解作業が実施された「プリウス」
図1 分解作業が実施された「プリウス」
ひろしま産業振興機構・カーテクノロジー革新センターが実施するベンチマーキング活動の一環として、分解研究が実施されたトヨタ自動車の新型「プリウス」。分解作業は2016年1月末に、広島国際学院大学自動車短期大学部にて行われた。
[画像のクリックで拡大表示]