PR

 世界中に存在するあらゆる工場の中で最大となる巨大な工場がついに動き出した。

 2017年1月4日、米Tesla Motors社(以下、Tesla社)はパナソニックと共同で、米ネバダ州において世界最大のリチウムイオン電池工場「Gigafactory(ギガファクトリー)」を稼働させた(図1)。2014年に着工し、建設を進めてきた同工場では第1段階の工事がこのほど完了して、リチウムイオン電池のセルの生産を開始した(図2)。

図1 Gigafactoryの外観
図1 Gigafactoryの外観
一部で生産を開始しており、段階的な生産拡大を目指している。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 リチウムイオン電池セルの生産設備
図2 リチウムイオン電池セルの生産設備
パナソニックが製造した電池セルは直ちにTesla社のバッテリーパックの生産工程に引き渡される。
[画像のクリックで拡大表示]

 オープニングセレモニーには、Tesla社の会長兼最高経営責任者(CEO)のElon Musk氏とパナソニック社長の津賀一宏氏が出席。その後、共同会見を開いた(図3)。

図3 Tesla社のElon Musk氏(中央)とパナソニック社長の津賀一宏氏(右)
図3 Tesla社のElon Musk氏(中央)とパナソニック社長の津賀一宏氏(右)
Gigafactoryの稼働開始を満面の笑顔で祝った。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ペンタゴン(米国防総省の本部ビル)の3倍以上のサイズになる世界最大の工場で規模のメリットを追求し、電池を低コスト化する。長距離走行できる電気自動車(EV)を安価にして、みんなの手が届くようにしたい」。Musk氏はこう強調した。

 「電気をためてクルマが走る時代が来る。社会を変えるためには電池をいかに有効活用するのかが大事で、だからこそパナソニックはGigafactoryへの投資を決断した」と津賀氏は語った。