PR

 欧州の自動車アセスメントを策定するEuro NCAPは2016年8月、「第3回2016 NCAP & Car Safety Forum in Tokyo」において、最新ロードマップを紹介した(表1)。当面で重要になってくるのが、実際の事故実態に即して導入される新規の衝突安全試験だ。自動車メーカーは、追加の対策を求められることになる。

表1 Euro NCAPの主な評価項目のロードマップ
表1 Euro NCAPの主な評価項目のロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]

 Euro NCAPでは、「ファーサイドの側突試験」を2020年頃、「スモールオーバーラップ、もしくはオブリーク(斜め)衝突といった前面衝突試験」を2020年に導入する見通しだ。これらの事故は、依然として死亡事故が多い事故形態である。