PR

 2015年10月、IT・エレクトロニクスの展示会「CEATEC JAPAN 2015」が開催された。自動車関連では、普及車向け車載カメラやITS(高度道路交通システム)関連部品など、予防安全に関連した展示物が多く見られた。

 オムロンオートモーティブエレクトロニクスは、自動ブレーキや車線維持に利用できるカメラモジュールを出展した(図1)。軽自動車など普及車への搭載を想定し、コストやサイズを抑えた。2018年の量産化を目指す。

図1 オムロンオートモーティブエレクトロニクスのカメラモジュール
図1 オムロンオートモーティブエレクトロニクスのカメラモジュール
(a)認識性能を確認するデモの様子と(b)出展した車載カメラモジュール。赤外線レーザースキャナー(LIDAR)と単眼カメラを一体化、夜間・逆光下でも歩行者、道路標識などを認識できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 カメラモジュールは単眼カメラと赤外線レーザースキャナー(LIDAR)を、縦100mm×横100mmのパッケージに一体化した。2種類のセンサーを使うことで、「さまざまな状況でも高い認識精度を実現できる」(担当者)。

 単眼カメラは、歩行者や自転車、道路標識を認識できる。LIDARでは30m先の4輪車を検知でき、夜間や逆光下でも距離を把握できる。「レーザー光を検知エリア全体に投光し、反射光を縦・横方向に分割した多分割受光素子で検知する」(同社)。ミラーを動かす従来のスキャン方法に比べて可動部をなくせるので、小型・低価格化を実現した。