PR

プレス向けでは2017年11月29〜30日、一般向けでは同年12月1〜10日に開催された「2017 Los Angeles Auto Show」(LAモーターショー2017)。環境対応車の販売促進を狙いとする米国カリフォルニア州の「ZEV規制」が2018年モデルから強化されることもあり、同ショーの目玉は環境対応車との本誌の予測に反し、多くの自動車メーカーが目玉としたのはSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)だった。

 トヨタ自動車の「トヨタ」ブランドと高級車ブランド「レクサス」、日産自動車の「日産」ブランドと高級車ブランド「インフィニティ」、米Ford Motor社の高級車ブランド「リンカーン」、欧米Fiat Chrysler Automobiles(FCA)社の4輪駆動車ブランド「ジープ」、三菱自動車、韓国Kia Motors社、SUBARU、韓国Hyundai Motor社──。これらが今回、SUVを目玉とした自動車メーカー・ブランドだ。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い