産業用インバーターや太陽光発電システムのパワーコンディショナー、自動車のインバーターといった、耐圧1200V以上を求めるような電力変換器で多用されるパワーデバイスがSi IGBTである。これまで性能の伸びしろが少ないとされたが、ここにきて、大幅な性能向上を見込める成果が次々と登場している。

 「Si IGBTの大幅な性能向上は今後見込めない」。そんなパワーデバイス業界の常識が覆ろうとしている。Si IGBTの大幅な性能改善を期待させる研究開発成果が、ここにきて次々と発表されているのだ。新たな素子構造の導入や、ゲートドライバーICによるきめ細かい制御により、電力損失を大幅に削減できるメドが立った(図1)。

図1 Si IGBTの技術革新が再び
図1 Si IGBTの技術革新が再び
性能向上の伸びしろが少ないとされてきたSi IGBTで、大幅な性能向上を期待できる研究開発成果の発表が相次いでいる。新たな素子構造の導入や、ゲートドライバーICによるきめ細かい制御により、電力損失を大幅に削減できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料