PR

非競争領域の課題とは

進行役:それでは非競争領域において、どんな課題に対してどんな取り組みを進めてきたのか、少し具体的に伺っていきたいと思います。まずは片岡さん、お願いします。

片岡:ADASの実現に向けて、まずは車載カメラとADAS用EUCの1対1通信におけるネットワークの要件を定義しました。加えてこの1対1通信を拡張し、カメラやレーダーからADAS用ECUへの情報伝送、つまり1対多の通信におけるネットワークシステムの要件をまとめてきました。

 中でも、1対1通信から拡張する場合に課題となる、「起動・終了」「時刻同期」「センサー制御」「センサーデータの送信」などにおける要件をまとめることに注力してきました。システム側で要件を固めて、ハードウエア、ソフトウエアのチームでそれぞれどう実現するかを検討しています。

渡辺:ソフトウエアとしては、Ethernetをクルマに適用した場合に、なるべく民生のものを流用したいと考えています。ですが、車載用途に向けて、「リソース」や「信頼性」、「速度」の面で変更すべき部分があります。

 リソースに関しては、民生のEthernetで利用するすべてのプロトコルを自動車に適用するのは現実的ではありません。必要な機能やプロトコルだけを取捨選択して、要求仕様の項目をまとめています。

 例えば、車載では民生と違って、システムの構成要素は固定化されています。従って、外部のネットワークにつなげる必要がない構成要素においては、IPアドレスを割り当てる「DHCP」などのプロトコルに対応する必要はありません。こういった具合に、取捨選択していきます。

 信頼性に関しては、民生よりも故障を早期に検出してリカバリーしなくてはなりません。そこで、特定の故障に対してシーケンスを定義して要求仕様をまとめています。

 速度の観点では、車載機器の構成において必要な処理や起動時間の設定などの要求仕様をまとめています。

 要求仕様に関してはダブルスタンダードにならないようにAUTOSARやAVnu Allianceの仕様との整合も確認しています。

 今後は、ADAS系のシステムが拡大していくので、センサーと映像系のデータが同一のネットワークで重畳されます。そのため、優先転送のソフトウエアの適用や冗長ネットワークの必要性や手法などが、ソフトウエアの課題になってくきます。

加来芳史氏(デンソー)
加来芳史氏(デンソー)
JASPAR 次世代高速LAN ワーキンググループ 副主査(写真:柴仁人)
[画像のクリックで拡大表示]

加来:私からはハードウエアについてお話します。OPEN Allianceは1対のUTPを使うことを前提にしています。ですが、JASPARとしては、選択肢が多い方が良いという考えで、2対の電線や光配線を利用する方式にも着目し、1対方式と並行して検討してきました。各方式でそれぞれ利点があります。

 1対方式であれば、ワイヤーコストを抑制しやすい。2対方式ならば、PoEに対応させやすい。光配線方式は電磁雑音に対する耐性が強いという利点があります。

 一方で、それぞれ課題があります。OPEN Allianceの1対方式は、日本の自動車メーカーやティア1企業のEMC試験などを通らないという問題があります。特に、ハーネスに対する特性が課題になっています。JASPARにはハーネスメーカーも参加しているので、この課題をどう解決するのか検討しているところです。

 2対方式も、ハーネスに対する性能規定が厳しく、ハーネスの製造コストも上がりやすい。そこをどうコストを抑えつつ、求められる特性を満たすのか、各メーカーと検討中です。

 光配線方式の課題は、電線に比べてコストが高いことです。ただし、シールドが不要になるなど、1対や2対の電線に比べて電磁雑音対策が容易になる。その結果、光配線方式の方が、1対や2対の電気配線(電線)よりも安価になる場合もあるでしょう。