PR
(撮影:Intex Technologies社)
(撮影:Intex Technologies社)
[画像のクリックで拡大表示]

 インドのスマートフォン(スマホ)メーカーであるIntex Technologies社は、MWC 2014でFirefox OSを搭載した33米ドルの激安スマホを発表したことで有名である。今回紹介する「Aqua Lions 4G」は名前の通り4GのLTEを利用でき、価格を100米ドル以下に抑えた同社の主力端末である。世界第2位の人口を抱えるインドは、スマホの成長をけん引する新興市場として期待されている。しかし、インドで販売されているスマホの多くは中国ブランドであり、肝心のインドメーカーのシェアは全滅に近い。Intex社はその中で、ファブレス半導体ベンダーである中国Spreadtrum Communications社の協力を得ながら低コスト端末の開発に取り組んでいる。