PR
(写真:Samsung Electronics 社)
(写真:Samsung Electronics 社)
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics社のスマートフォン(スマホ)フラッグシップモデル「Galaxy Sシリーズ」は、心拍センサーや有機ELなどの「新兵器」を積極的に搭載してきた。そのチャレンジスピリットは2017年モデルの「Galaxy S8」でも健在だった。指紋センサーに加えて、角膜と水晶体の間にある虹彩で人物を特定する「虹彩認証」を新たに搭載。Bluetoothの最新規格である「Bluetooth 5」を量産タイプのスマホとして世界で初めて採用する。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い