PR

無線LANにおいて、IoT向けの新規格である「IEEE 802.11ah」の策定が進んでいる。高速大容量化を追求してきた従来の無線LANとは異なり、低消費電力とカバレッジの広さを目指した規格である。IEEE 802.11ahの規格策定に関わる島田氏が、その技術的な特徴や規格化の最新動向を解説する。 (本誌)

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料