PR
Q.3000円のシャープペン、その付加価値とは?

ぺんてる(本社東京)が2017年2月に発売したシャープペン「orenznero(オレンズネロ)」。芯を可動式のパイプで支えて折れないようにした既存製品「orenz(オレンズ)」に、ある機能を付加することで、価格をorenzの約6倍である3000円(税別)としたにもかかわらず、発売直後は品薄状態が続いたという。特別高価な材料を使っているわけではなく、ある業務向け装置の機構を応用して改良することで高付加価値化を実現した。さて、orenzneroが提供する付加価値とは何か。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い