PR

 数輪の花は、樹脂を使う3Dプリンターで作製したものだ。見ての通り、花びらが開いているものもあれば、つぼみに近い状態もある。指で花びらを触っていると、体温で軟らかくなるため、開き具合を自由に変えることができるのだ。この花を熱湯に入れると、ある明らかな変化が起こる。それはどのような変化だろうか。

[画像のクリックで拡大表示]

 [1]溶ける

 [2]ふくらむ

 [3]硬くなる

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料