PR

 さまざまな素材の風合いを再現したり、触覚を含めた質感を実現したりするためには、色合いだけでなく繊細な凹凸も表現することが求められる。この目的を達成するため、さまざまな成形・加工技術が登場している。上の写真もその1つ。カシオ計算機が開発した新技術を適用して作製したものだ。白色のシート材から約6分という短時間で完成させられる。ポイントとなるのが、凹凸を形成する技術だ。さて、シート上に他の材料を盛るのか、凹部を削るのか、それとも凸部分を膨らませるのか。

* シート材の大きさや凹凸の形状などにより時間は異なる。

[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い