PR
[画像のクリックで拡大表示]

[1]アイデアを公表した構想段階
[2]2016年中に実験線を建設
[3]技術を確立し、実用化する路線を選定中

写真はベンチャーの米Hyperloop One社が開発を進める、最高1200km/hで走行可能な輸送システムのイメージ図だ。真空に近い状態に減圧された金属製のチューブの中を、乗客や貨物を搭載するポッドが浮上して走行する。ジェット旅客機を速度で上回る夢の高速列車の開発は、現状でどこまで進んでいるのだろうか。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い