PR

[1]円筒状の樹脂を加熱してひねる
[2]2つの部品を射出成形して溶着する
[3]ブロー成形する

写真は、樹脂で出来たターボダクト。過給器で圧縮した空気(吸気)を、インタークーラーを介してエンジンに送り込む配管だ。ドイツBMW社の排気量2Lのターボエンジンで実用化されており、従来の金属管から大幅に軽量化した。注目すべきは、3次元的にくねった複雑な形状で、しかも肉厚が均一であること。さて、この樹脂管の造り方とは。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い