PR

写真は、慶応義塾大学ファブ地球社会コンソーシアムが主催した「ファブ3Dコンテスト」の1種目、「【プロ・セミプロの部】3Dプリントエッグパッケージ」にエントリーした作品の数々だ。卵を落下による衝撃から守る容器(パッケージ)の性能を競う種目である。2016年11月13日、神奈川県鎌倉市の鎌倉学園において、実物を使った競技会が開催された。優勝記録はなんと13m。この高さから落下しても卵が割れないパッケージはどれか?

[画像のクリックで拡大表示]
* 「ファブ3Dコンテスト」の「【プロ/セミプロの部】3Dプリントエッグパッケージ」の運営・審査にはケイズデザインラボ(東京)とアイディーアーツ(さいたま市)が協力している。