PR
ゼロヨン16.9秒、最高速度は137km/h
[画像のクリックで拡大表示]

 沖縄県北部に位置する離島の伊是名島にある「伊是名場外離着陸場」を借り、リーフの実車試験を実施した。停止状態から400mまでに要する「ゼロヨン」の加速性能や最高速度、衝突防止の「自動ブレーキ」機能などを確認するのが目的だ。

 ハンドルを握るのは国内A級ライセンス(審判員)を持つジムカーナドライバーの與那覇朝巳氏。走行データの測定には小野測器の小型GPS速度計「LC-8300」を使用した

 実車走行テストでもっとも高かった速度の数値は137.0km/h、3回の測定の平均値は136.4km/hである。日産によると新型リーフの最高速度は「140km/h」という。モーターは回転速度が高まるほど逆起電力が大きくなるため、効率を考慮してそれ以上の速度が出ないように設定しているという。停止状態から100mに達するまでの時間は平均7.8秒だった。停止状態から400mに達するまでの時間(ゼロヨン)は平均16.9秒という結果になった。発進加速は良く、100m程度まではガソリンエンジン車よりも優れた加速性能を示す。

日産自動車「リーフ」徹底分解2018 全体編
[画像のクリックで拡大表示]
日産自動車の2代目「リーフ」の特徴や走行・安全性能、構成部品の調査レポート! 電費や自動駐車、自動ブレーキ、0-400m加速などの走行試験結果を収録。分解調査では電装品やコネクタ、ECUも網羅。3/23発行予定、予約受付中