PR

 産業用ロボットは、大量生産の繰り返し作業にしか向かない──。そんな“定説”を覆すような取り組みが始まろうとしている。インターネット通販を手掛けるアスクルが、同社の物流センターでのロボット活用に乗り出したのだ。ロボットにさせる業務は、顧客が注文した品物を倉庫から取り出して箱に詰める「ピッキング」である。これまでいわば“鬼門”だった、「多品種」かつ「ほぼ毎回異なる条件」の業務にロボットを適用する点が注目に値する。

ティーチングをほぼ不要に

 ロボット活用の舞台は、北関東・甲信地方を中心に東日本全域への配送を担うアスクルの物流センター「ASKUL Logi PARK首都圏」(埼玉県・三芳町)である。2台の垂直多関節型ロボットを取り囲むようにコンベヤーラインが設置されており、コンベヤー上を商品の入った箱や空の箱が流れてくる(図1)。ロボットは、先端に付いたハンドを使って箱から商品を取り出したり、別の箱に商品を詰めたりしている。現時点ではあくまで試験運用だが、将来は実際に顧客が注文した商品のピッキングラインとして稼働する予定だ。

図1 ロボットを活用した商品ピッキングシステム
図1 ロボットを活用した商品ピッキングシステム
ロボットのアーム先端のハンドで商品をつかんで(正確には圧縮空気で吸着して)、左の箱(倉庫から取り出した商品を運んできた箱)から右の箱(配送用の箱)に詰め替えている。
[画像のクリックで拡大表示]

 アスクルに限らず、物流センターの業務は自動化がかなり進んでいる。だが、ピッキング業務だけは例外だった。その理由は、多品種をほぼ毎回異なる条件で大量にこなさなければならないからだ。例えば、ASKUL Logi PARK首都圏では約1万7000種類の商品を扱っている。しかも、顧客ごとに注文する商品の種類や個数はバラバラなので、その組み合わせは膨大な数に上る。当然ながら、作業パターンも多岐にわたる。