「(2017年に)江津工場、石巻工場、富士工場と、セルロースナノファイバー(CNF)に関わる3つの工場を稼働させた。本年をCNFの飛躍元年にしたい」。日本製紙が2017年9月26日に江津工場(島根県江津市)で開いた機能性添加剤向けCNFの量産設備の竣工式で、同社表取締役社長の馬城文雄氏はこう語った。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料