PR

 ドイツの「Industry 4.0」、米国の「Industrial Internet」、日本では「Industrial Value Chain Initiative」など、IoT(Internet of Things)による情報連携を前提とした新しい工場の実現に向けた動きが世界中で広がっている。2015年9月30日に開催されたシンポジウム「FACTORY 2015 Fall」の基調講演には、日本、米国、ドイツから、そうした「スマート工場」の第一人者らが登壇し、メーカー、ICTベンダー、推進団体のそれぞれの立場から、現状と展望、課題などを語った(図1)*1

図1 FACTORY 2015 Fallの会場
図1 FACTORY 2015 Fallの会場
1000人近い聴講者が詰めかけた。基調講演のパネリストは、コマツ 執行役員 生産本部 生産技術開発センタ所長の栗山和也氏、米Industrial Internet Consortium(IIC)Chief Technical Officer(CTO)のStephen Mellor氏、独Siemens社 Head of Strategy Digital Factory DivisionのHans Rauner氏。
[画像のクリックで拡大表示]

*1 主催は日経ものづくりと日経テクノロジーオンライン。

 コマツ 執行役員 生産本部 生産技術開発センタ所長の栗山和也氏は、同社が進める「つながる工場」について語った(図2)。同社が、「Manufacturing Innovation by Save & ICT」をコンセプトに目指しているのは、「ICTで生産から販売まで全ての工程が見えること」(同社)。実際、製品面ではKOMTRAXなどで製品の情報がコマツに届く環境が整っている。製造面でも「KOM-MICS」という活動を展開している。ICTで生産の各工程の生産性を改善しようというものだ。

図2 コマツの栗山氏
図2 コマツの栗山氏

 情報を企業間で連携し、自動化・自律化した生産を実現する上では、「3Dデータを得られたことが大きな進歩をもたらした」(同氏)という。例えば同社は、製品である建機の設計情報を使って、自社開発している溶接ロボットのオフラインティーチングを行うとともに、海外工場で稼働するそれらの溶接ロボットの稼働状況を、遠く離れた日本で監視するといった体制を既に構築している。