「FAとITを協調させる日本発のオープンなプラットフォームを目指す」─。アドバンテック(本社東京)、オムロン、NEC、日本アイ・ビー・エム、日本オラクル、三菱電機の6社は、産業向けエッジ・コンピューティングを推進する「Edgecross コンソーシアム」を設立した(図1)。工場のIoT(IIoT:Industrial Internet of Things)化を進めるに当たり、複数メーカーの機器・設備が混在するマルチベンダー環境でのエッジ・コンピューティングを推進するための共通基盤(プラットフォーム)となるソフトウエアを開発・提供する。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料