PR
 

 次世代のものづくりを模索する動きが加速している。2015年12月2~4日に開催されたFA・計測技術の展示会「システム コントロール フェア 2015(SCF2015)」「計測展 2015 TOKYO」では、Internet of Things( IoT)やビッグデータなど最新のITによる「ものづくりのスマート化」に向けた取り組みが目立った(表)*1

表 「ものづくりのスマート化」に向けた動き
「SCF2015」および「計測展 2015 TOKYO」の講演/展示から主なものをまとめた。本記事で紹介したものは太字で示した。
表 「ものづくりのスマート化」に向けた動き
[画像のクリックで拡大表示]

*1 「システム コントロール フェア」は、FAなど産業分野の制御に関わるシステム・機器・ソフトウエアの展示会。「計測展」は、計測・制御の最先端技術を対象とした展示会である。開催場所は東京ビッグサイト。

データドリブンのものづくり

図1 日立製作所執行役副社長の齊藤裕氏
図1 日立製作所執行役副社長の齊藤裕氏
「現場と経営・社会をつなぐモノづくりの革新 ─日立が考える第4次産業革命─」と題して講演した。

 全社的な経営戦略としてスマート化の方針を鮮明に打ち出したのは、日立製作所である。同社執行役副社長情報・通信システムグループ長 兼 情報・通信システム社社長の齊藤裕氏は、「ものづくりの現場に安価なセンサーを大量に導入できるようになり、データを使った新しい手法が登場している。人間系も含めたデータ活用がこれからのものづくりの主流となる」と基調講演で語った(図1)。これまでFA・計測技術とITは別々に進化してきたが、今後は両者が統合され、IoTを基軸にシステムやサービスを考える必要があるという。

 齊藤氏によれば、IoT時代にはものづくりの現場で得られたビッグデータを把握・可視化・分析し、サイバー空間上に現場を再現した「モデル」を構築していくことになる。このモデルに基づいてシミュレーションを行い、最適な解を現場に適用し、その結果をモデルにフィードバックするというサイクルを回す。そうすることで、本質的なニーズを見いだし、新しい価値やナレッジを生み出せるという。それを同氏は「データドリブンのものづくり」と呼ぶ。

 例えば設計業務では、共通の基本モデルをグローバルに展開するとともに、現地の情報を基本モデルに適宜反映させるというデータ活用法を検討している。具体的には、日本で開発した基本モデルを「設計クラウド」と呼ぶシステムを介して全世界の拠点で共有し、そこに現地のニーズやサプライヤー情報などを盛り込むことで、即座に現地向けのモデルを生成できる。設計クラウドでは、各拠点の設計者を連携させることで設計リードタイムを大幅に短縮したり、設計者の知見を集約することで設計ガイドのようなものを構築したりするといったことも可能だという。同様に生産情報についても、グローバルと現場のデータを融合させることで、新興国工場の垂直立ち上げや現場作業者の早期育成を目指す。