PR

 今回は、「Can Believe(信じることができる)」システムと、それを構成する仕掛けについて説明する(図1)。同システムは、イノベーションを育む企業文化を構築する「CanRUBシステム」(2016年10月号の第21回参照)を構成する3システムのうち3番目となる。

図1 「Can RUBシステム」の3番目のシステムは「Can Believe(信じることができる)」
図1 「Can RUBシステム」の3番目のシステムは「Can Believe(信じることができる)」
「Can RUBシステム」において、勇気を持ってイノベーションに挑戦する活動を経営者・組織がサポートしていると信じるように導くシステムが、「Can Believe(信じることができる)」である。「 Can Recognize(気づくことができる)」システムで気づいたことを業務に使えるようにするシステムが、「Can Utilize(使うことができる)」である。
[画像のクリックで拡大表示]