PR

 米General Electric(GE)社では、3Dプリンティング(Additive Manufacturing)などを活用した最先端の高度な生産技術(アドバンスト・マニュファクチャリング)の開発と実製品への適用に力を入れている。その取り組みは金属に限らず樹脂も含み、欧米だけではなくGE社の石油・ガス分野の事業部門GEオイル&ガスの刈羽事業所のように日本にもその活動は広がってきた1)

 今回は、金属部品への適用で先進的な取り組みを続けている航空機エンジン分野での活用事例を中心に、GE社における3Dプリンティング活用の状況を紹介する。