PR
「スマホ de ドック」のアプリ画面(上)と検査キット(下)
「スマホ de ドック」のアプリ画面(上)と検査キット(下)
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2015年8月27日、自宅にいながら健康を手軽にチェックできるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」の一般受付を全国一斉に開始する(プレスリリース)。

 スマホdeドックは、専用の在宅検査キットとウェブサービスを組み合わせ、手軽にすばやく健康チェックを行えるサービス(関連記事)。2015年4月から全国15自治体、3つの企業の健康保険組合との実証事業を実施している。

 この実証事業では、日頃から自身の健康への不安を感じている人がサービスを多く利用する傾向にあることが分かった。参画する自治体や企業からは「疾病リスクの早期発見や医療機関への受診促進に有効」との声が寄せられているという。

 この結果を受け、若年層の健康意識向上や疾病リスクの早期発見に貢献できるようなサービス改良も施した上で、一般向け受付を開始する。auユーザーか否かにかかわらず、1検査当たり4980円(税抜)で申し込み可能だ。

 申し込み後、郵送される専用検査キットで採血し、キットを返送。1~2週間後にスマートフォンやパソコンの「マイページ」上で検査結果を確認したり、近隣の病院を検索したりできる。2015年8月7日に追加した「気になる病名検索」機能では、検査結果に応じて一般にリスクがあると考えられる病気が表示される。200人以上の医師が編さんした、病気に関する情報を閲覧できる。