PR
通信教育サービス「脳レク」の利用イメージ
通信教育サービス「脳レク」の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 エストコーポレーションは、要介護や要支援に該当しないアクティブシニアをメインターゲットとした通信教育サービス「脳レク」を、2015年9月1日に開始した。認知症の予防などを目的としたサービスである。

 テーマは“元気で楽しい毎日を、そして脳の寿命を120歳に”。月額3680円(税抜)で購入者の自宅へ定期的に教材を届け、自宅にいながら楽しくもの忘れ・ボケ防止を促進する脳活性化プログラムを提供する。

 毎月1日/11日/21日に、漢字の組み立て問題やクロスワード、おつり計算など、1日30分程度の脳トレクイズに回答する教材を届ける。また、毎月1日号には万歩計やパズルなど、教材と一緒に運動を促す付録が送られてくる。

 毎月21日に届く月末号にはテストが付属。得点や返送率に応じてポイントが付与され、貯めたポイントはグルメ商品や日帰り温泉などと交換できる。その他、月末号のテストとは別に「脳の健康チェック」が2カ月に1度送付され、アンケートに回答することで脳の健康度を点数化してもらえる

 エストコーポレーションは、2016年3月末までに会員数5000人を目指す。今後の展開としては、認知症専門家との共同研究で認知症予防に効果のあるプログラムを提供する他、日々の食事や生活改善プログラム、専属講師によるレッスンなどのプランを増やし、さまざまな健康状態のシニアへの対応も予定する。