PR
2015年5月の「ウェルネス経営」「CWO」発表記者会見の様子
2015年5月の「ウェルネス経営」「CWO」発表記者会見の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 従業員の心と体の健康を重要な経営資源として捉え、その増進に全社的に取り組む「ウェルネス経営」に賛同する20社を発起人とする「ウェルネス経営協議会」が、2015年12月に発足する(ソフトバンクのpdf形式のプレスリリース)。発起人にはANAホールディングスやソフトバンク、ファミリーマートなどが名を連ねる。同月、発起人と会員が集い、設立総会と「第一回ウェルネス経営協議会」を開催する。

 発起人メンバーであるFiNCと日本交通、吉野家ホールディングス、リンクアンドモチベーションの4社は2015年5月、「ウェルネス経営」と「CWO(Chief Wellnes Officer、最高健康責任者)」制度を導入することを発表(関連記事)。今回、ウェルネス経営に関する協議会を発足させる形だ。