EDAベンダー/IPコアプロバイダーの2015年6月期/7月期の四半期決算がほぼ出そろった(報告が遅れて恐縮である)。全体としては直前四半期同様に好調で(日経テクノロジーオンライン関連記事)、3社を除いて対前年同期比で売上高を伸ばした。

 その3社のうち1社は日本のDMP(ディジタルメディアプロフェッショナル)で、前年同期比で売上高が44%減少した(円ベース)。DMPと同じくIPコア事業を展開する米CEVA社の前年同期比45%増と対照的な結果となった。IPコア最大手の英ARM社は米ドルベースで同15%増、英ポンドベースでは22%増と好調だった。

 EDAベンダーの大手3社も好調を維持し、米Synopsys社は同7%増、米Cadence Design Systems社は11%増、米Mentor Graphics社は8%増という結果である。国内EDAベンダーでは図研が8%増(円ベース)、ジーダットは7%増だった。

2015年6月期および7月期におけるEDAベンダー/IPプロバイダの四半期決算
社名*1
(E=発表資料/日=同和訳)
売上高
(米ドル)
成長率
(前年同期比)
Pro Forma
1株当たり純損益
GAAP(相当含む)
1株当たり純損益
Synopsys*2
E
5億5580万 +7% 0.63 0.35
Cadence
E
4億1600万 +11% 0.27 0.19
ARM*3
E
3億5710万 +15% 0.11 0.08
Mentor*2
E
2億8110万 +8% 0.36 0.26
ANSYS
E
2億3550万 +1% 0.85 0.68
Rambus
E
7280万 -5% 0.13 0.06
Imagination*4 --- --- --- ---
図研*5
3670万 +8% -0.07
PDF
E
2320万 -6% 0.18 0.07
MIPS*6 --- --- --- ---
SpringSoft*7 --- --- ---
Altium*8
E
2120万 +10% 3.11
CEVA
E
1340万 +45% 0.06 0.01
ジーダット*5
320万 +7% -0.13
DMP*5
50万 -44% -0.34

*1 正式社名は以下の通り。Synopsys=米Synopsys社、Cadence=米Cadence Design Systems社、ARM=英ARM Holdings社、Mentor=米Mentor Graphics社、ANSYS=米ANSYS社、Rambus=米Rambus社、Imagination=英Imagination Technologies Group社、PDF=米PDF Solutions社、MIPS=米MIPS Technologies社、SpringSoft=台湾SpringSoft社、Altium=中国Altium社、CEVA=米CEVA社、DMP=ディジタルメディアプロフェッショナル

*2 2015年5月~7月の業績。特に記載のない企業は2015年4月~6月の業績。

*3 1株当たり純損益は、英ポンドでの公表値を1英ポンド=1.56米ドルで換算して、米ドルで表示した。英ポンド・ベースでは売上高は前年同期比22%増の2億2850万英ポンドで、1株当たり純利益はIFRSベースで5.42英ペンス、ProFormaで7.28英ペンスである。

*4 Imagination社は半期ごとに業績を開示しており、今回はデータがない。

*5 円ベースの公表値を1米ドル=122円で換算している。ただし売上高の増減率は円ベース。

*6 MIPS Technologies社は2013年2月にImagination社による買収が完了し、個別の業績は公表されていない(関連記事1)。

*7 SpringSoft社は2012年11月30日までにSynopsys社による買収が完了し、個別の業績は公表されていない(関連記事2)。

*8 Altium社は半期ごとに業績を開示している。売上高は、通期(2014年7月~2015年6月)の業績から上期の業績を引いて、2で割って表に記載した。売上高の増減率は下期同士の比較。1株当たり利益は通期の値を4で割って記載した。