PR

 ドローンをはじめとする無人航空機の民生利用を推進する、日本UAS産業振興協議会(以下、JUIDA)は、ドローンの操縦者および安全運航管理者を養成するための認定校に7法人を認定したと発表した。これらの認定校の開講は2015年秋を予定しており、今後全国に認定校を広げていく考えだ。認定校では、JUIDAが定める科目を修了した操縦者には、「JUIDA技能資格証明証」を交付。同じく安全運航管理者についても、資格証明証を交付する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料