PR

 三菱レイヨン(本社東京)は2015年10月13日、炭素繊維の中間基材であるシート・モールディング・コンパウンド(SMC)の工場をドイツに新設すると発表した(ニュースリリース)。グループ会社のWethje Carbon Composites社の工場敷地内に新設備を導入し、2016年9月から稼働させる計画だ。

 SMCは長さ数cmの炭素繊維を樹脂中に分散させたシート状の材料で、プレス加工によって部材に成形される。炭素繊維の織物に樹脂を含浸させたプリプレグと比べて若干強度が落ちるが、複雑な形状の部品を短時間で成形できるのが利点だ。加えて、金属と同様に機械特性が均質なため、SMCの設計に従来の金属部品の設計ノウハウを生かすこともできる。

 欧州の自動車市場では、車体の軽量化のために炭素繊維強化樹脂(CFRP)を高級車だけではなく、量産車にも本格採用する動きが見られる。三菱レイヨンはSMC工場を新設することでこうしたニーズに応える。