PR

 東芝メディカルシステムズは2015年10月13日、MRIやX線CTなどの医療画像の処理ソフトウエアを手掛けるフランスOlea Medical(オレア メディカル)社を買収したと発表した(リリース)。

 東芝メディカルシステムズのMRI開発チームとOlea社が連携。革新的なソリューションや製品を生み出すことで「新たな臨床価値を医療従事者に提供する」(東芝メディカルシステムズ)。

 まずはOlea社のMRI画像処理ソフトウエアを、東芝メディカルシステムズの医療画像処理ワークステーション「Vitrea」のプラットフォーム上でも操作可能とする。今後はX線CT装置など他の画像診断装置の医療画像処理ソフトウエアとも融合し、マルチモダリティソリューションを生かしたワークフローの改善に取り組むとしている。