「フィットEV」とAC普通充電器「ホンダ・パワー・チャージャー」
「フィットEV」とAC普通充電器「ホンダ・パワー・チャージャー」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは10月19日、マーシャル諸島共和国で、太陽光発電の電力を電気自動車(EV)に活用する社会実験を始めると発表した。現地時間19日午前、同国政府庁舎前で、クリストファー・ロヤック大統領、ホンダ池史彦会長などの出席のもと、オープニングセレモニーを開催した。

 ホンダ製のEV「フィットEV」と、太陽光発電に対応したAC普通充電器「ホンダ・パワー・チャージャー(Honda Power Charger)」を導入する。

 マーシャル諸島共和国は、エネルギーをほぼ輸入に頼っている。エネルギーの安全保障やコストの軽減の視点から、再生可能エネルギーの活用が課題になっている。また、海面上昇の影響を受けやすいことから、CO2排出量の低減による地球温暖化対策への取り組みを加速する方針という。

 今回の社会実験は、日本の経済産業省の支援を受け、マーシャル諸島共和国における電動化モビリティの普及、充電関連インフラの整備の可能性を検証し、同国のエネルギー自給の向上などにつなげるのが目的。

 ホンダの池史彦会長は、「ホンダは、同プロジェクトの目標を達成し、グローバルなショーケースになることを目指す」とのコメントを発表した。