PR
検診車向け医用画像転送サービスの概要
検診車向け医用画像転送サービスの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 日立メディコは、デジタルX線撮影システム搭載の検診車を使用する健診施設向けに、日立製作所のM2Mクラウドを利用した「検診車向け医用画像転送サービス」を2015年10月22日から日本国内で提供する。

 同サービスでは、検診車で撮影したデジタルX線画像を健診施設の事務所などの指定先に自動で転送できる。これにより、外部メディアにいったん保存したり、健診施設で外部メディアを読み込んだりする作業が不要となるため、画像保管作業の効率が向上する。健診施設ですぐに読影を開始できることから、依頼元の企業や団体へ早期に検診結果を報告することも可能になるという。

 日立製作所が新規開発した高速ファイル転送技術「Hitachi WAN Optimizer」搭載のゲートウエイや暗号通信プロトコル「IPsec」を採用することで、画像データを安定的かつセキュアに健診施設の事務所などへ転送できる。画像は日立のクラウド経由で転送されるため、DVDやUSBなどの外部メディア、通信機器の紛失による情報漏えいリスクも低減できるとしている。

 既存の検診車でも、PCやゲートウエイなどを追加設置することで同サービスを導入できる。価格は個別見積もり、転送量にかかわらずモバイル通信料込みで定額となる。