PR
セルフケア健康機器市場規模の推移と今後の予測
セルフケア健康機器市場規模の推移と今後の予測
[画像のクリックで拡大表示]

 矢野経済研究所は2015年10月21日、セルフケア健康機器市場に参入している企業及び関連団体などを対象に国内のセルフケア健康機器市場を調査した結果を発表した。調査対象は、家庭用の健康管理機器、フィットネス機器、健康回復機器、健康治療機器など。調査期間は2015年6月~9月。

 2014年の市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年比3.2%増の2295億4000万円と推計。価格競争や消費税の引き上げによる個人消費の低迷が売上伸長に影響したものの、市場全体としては微増傾向で推移したとしている。2015年は前年比2.0%増の2341億8000万円と予測する。

 注目すべき動向としては、「スマホアプリ連動」「ロコモ予防」「ストレスチェック」などと関連させた製品展開の推進を挙げる。例えば、スマートフォン(スマホ)の普及にともない、歩数計や活動量計等の健康管理機器を中心にデータをスマホアプリで管理する製品展開が広がっている。また、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防を主目的とした情報発信や、2015年12月から義務化されるストレスチェック制度と関連づけた製品開発なども一部で見られるという。

 製品普及のきっかけとしては、健康長寿社会の実現を目的とした自治体による住民向け「セルフケアプログラム」を注目ポイントとして挙げる。各メーカーは、全国各地で展開されるセルフケアプログラムを活動量計などの継続利用を促す新しい製品普及モデルとして注力しているという。

 今回の調査結果は「2015年版 セルフケア健康機器の市場実態と将来展望」として発刊されており、価格は12万5000円(税別)となる。