図:新型電池の充電曲線(環境温度:25℃)
図:新型電池の充電曲線(環境温度:25℃)
[画像のクリックで拡大表示]

 エリーパワー(本社東京)は、10分で満充電できるリチウム(Li)イオン2次電池「ハイレート電池」を開発した(ニュースリリース)。風力発電や移動体、ロボットなどでの採用を見込み、2015年度内に生産を開始する予定だ。

 同電池は、リン酸鉄リチウムに電流密度の高い負極材料を組み合わせたもの。従来の同社製定置用Liイオン2次電池で実現している、釘刺しや圧壊、過充電試験において発煙・発火しないという安全性を維持しながら、急速充電を可能にした(図)。加えて、最大で定格容量の30倍の電流を供給でき、使用温度範囲は-30~+65℃と従来の定置用Liイオン2次電池よりも広くしている。