10月27日に開催した安全祈願祭の様子
10月27日に開催した安全祈願祭の様子
 (出所:東京センチュリーリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京センチュリーリースと京セラは10月27日、宮城県黒川郡大和町で出力約28MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設を開始したと発表した。事業主体は、両社による合弁会社である京セラTCLソーラー合同会社(東京都千代田区)となる。発電所名は、「宮城・黒川メガソーラー発電所」とする。

 事業用地は、坪井工業(東京都中央区)の所有する元山林地域で、林地開発許可を得て開発する。共同企画は坪井工業、設計・施工と保守は、京セラソーラーコーポレーションが担当する。太陽光パネルは、京セラ製(270W/枚)を10万3950枚設置する。パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製の750kW機を35台設置し、総出力は26.25MWとなる。

 2018年7月に完成予定で、東北電力に売電する。年間発電量は、一般家庭約9800世帯分に相当する約3200万kWhを見込んでいる。

 京セラTCLソーラーは、2012年8月の設立以来、これまでに全国で29カ所、合計出力約50.7MWの太陽光発電所を稼働・運営している。宮城県内に建設するのは、「宮城・黒川メガソーラー発電所」が初めてとなる。