PR

 セブン‐イレブン・ジャパンは2015年11月2日、「民間企業と連携した高齢者等地域見守りネットワーク事業に関する協定」を品川区および品川区社会福祉協議会と締結した。同社が高齢者支援に関する協定を東京都内の市区町村と締結するのは、これが初めて。

 セブン‐イレブンのお届けサービス「セブンミール」や店舗での日常業務中に、高齢者の見守り活動を実施。異変を察知した際は、品川区や品川区社会福祉協議会と連携して対応する。

 高齢化や世帯人数の減少が進む中、両者は高齢者が安心して暮らせる街づくりに取り組む。品川区内のセブン‐イレブンは2015年10月末時点で68店舗(東京都内は2351店舗)。