PR

 浜松ホトニクスは、イオン検出用CMOSセンサを開発し、2016年4月頃のサンプル出荷を目指すと発表した。イオン濃度の2次元分布動画像を、通常の可視光動画と同時に撮影することができる。豊橋技術科学大学 澤田和明教授の提唱する、「イオン濃度を電荷量として検出する画素技術」のライセンス供与を受けて実用化した(関連記事)。バイオ・生化学分野における「蛍光反応などを使わずに、細胞間のイオンの状態や変化を動画像としてリアルタイムで検出したい」という要望の応えるほか、医療、農業、工業などの分野での応用も期待する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)