PR

 NECは、メガネ型端末と腕時計型端末を連携させた新しいユーザインタフェースとして、作業者の腕を仮想キーボード化する「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発した。メガネ型端末を通して、自分の前腕に表示された仮想のキーボードを見ながら、タッチ入力の操作が可能だという。例えば、設備保全・保守点検や検品、在庫管理といった業務に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料