PR
仮想キーボード「ARmKeypad(アームキーパッド)」のシステム構成
仮想キーボード「ARmKeypad(アームキーパッド)」のシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは、メガネ型端末と腕時計型端末を連携させた新しいユーザインタフェースとして、作業者の腕を仮想キーボード化する「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発した。メガネ型端末を通して、自分の前腕に表示された仮想のキーボードを見ながら、タッチ入力の操作が可能だという。例えば、設備保全・保守点検や検品、在庫管理といった業務に向ける。

 メガネ型端末のカメラで指先の位置を、腕時計型端末の加速度センサでタッチしたタイミングを検出する。それらの情報から、前腕に映し出した仮想キーボードの表示を変更する仕組みだ。

 従来、メガネ型端末へのデータ入力は、ボタンやタッチセンサを搭載したハードウエアコントローラを取り出して行っていた。同製品は、手元を見ることですぐに仮想キーボードが出現し、データ入力操作が可能となるため、作業を中断することがない。

 また、利用シーンに合わせて、キーレイアウトを自由に変更でき、スムーズにキー操作を行うことができる。音声入力が困難な騒音下でも使用できるという利点がある。自分の腕にタッチすることで入力を判別し接触の有無を検出するので、ジェスチャー操作による入力と比べ、直感的に作業できる。

 同社は今後、製造業以外にもハンズフリーの作業が必要となる、警備、流通、医療分野などの業務にも、同製品を活用していくという。なお同製品は、2015年11月12日~13日にNECグループが開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2015」で、展示される予定。