PR

 東芝は2015年11月4日、米GE社のデジタル関連部門を集約した事業組織であるGEデジタルとIoT分野で協業すると発表した(ニュースリリース)。両者は東芝製の産業用機器について、GE社のソフトウエア・プラットフォーム「Predix」を活用したパイロットプロジェクトを開始する。

 今回の協業において東芝は、IoTサービスやソリューションの構築・提供を支える共通基盤「Toshiba IoT Architecture」へのPredixの導入と、その活用に関する手法を検討する。これにより、同基盤の機能を強化するとともに、サービスを迅速に提供できる環境を構築。産業用機器や社会インフラ機器といった東芝製品への適用を進める。

 具体的には、東芝製のビル設備を対象とするパイロットプロジェクトを展開する。同プロジェクトでは、データの収集や見える化、分析、予測、最適化などによって保守業務の効率を高める。併せて、予防保全の高度化についても検証する。

 さらに両者は、東芝のIoT関連技術をPredixに導入することも検討するという。例えば、組み込み用SoC(System on Chip)とエンドポイントエージェント、センサー情報などを処理して各種機器のIoT化を容易にするChip to Cloud(C2C)ソリューションや、文字情報に音声や画像などを組み合わせて知識処理するメディアインテリジェンス技術が対象となる。