PR

 早期発見が難しく、予後不良ながんとして知られる「すい臓がん(膵がん)」。その早期診断につながり得る血液バイオマーカーを、国立がん研究センターが発見した。既に検査キットも開発。臨床での有用性を検討し、膵がん検診用バイオマーカーとしての実用化を目指す。

膵がんを早期にスクリーニング
膵がんを早期にスクリーニング
[画像のクリックで拡大表示]

 国立がん研究センター研究所 創薬臨床研究分野 ユニット長の本田一文氏らが、厚生労働省や日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けて実施したもの。成果の詳細は、英オンライン科学誌「Scientific Reports」に英国時間2015年11月9日付で掲載される。