PR

「膵がん模擬検診」を神戸大学などと開始

 本田氏らのグループは今回、血液中の「アポリポプロテインA2(apoA2)」と呼ぶたんぱく質に着目。そのアイソフォーム(たんぱく質の構造や機能が似通った分子の総称)の血中濃度が、早期の膵がんや膵がんのリスクとなる疾患の患者において、有意に低下することを発見した。

apoA2アイソフォームの血中濃度に有意な差
apoA2アイソフォームの血中濃度に有意な差
[画像のクリックで拡大表示]

 今後、膵がん検診用バイオマーカーとしての実用化を目指し、apoA2アイソフォームを使う「膵がん模擬検診」を神戸大学などと開始する。これを通じ、apoA2アイソフォームの検査が早期膵がんや膵がんのリスクとなる疾患を適切にスクリーニングでき、検診として実用化できるかどうかを確認する。検証に使うキットは現時点では研究用試薬だが、体外診断薬としての承認を得ることも目指すという。