PR
情報集約操作システム「CuratOR Surgical Panel」
情報集約操作システム「CuratOR Surgical Panel」
[画像のクリックで拡大表示]

 EIZOは、手術室内で使用するさまざまな映像や画像を集約して表示できる情報集約操作システム「CuratOR Surgical Panel(キュレーター サージカルパネル)」を2016年4月1日に発売する。画面サイズが55型/49型/24型の3モデル。タッチパネルにも対応する。価格はすべてオープン。

 CuratOR Surgical Panelは、「見たい映像を、見たいときに、見たい場所に表示する」という手術室で求められる映像環境を実現する同社のソリューション「CuratOR(キュレーター)」の中核となるシステム。液晶モニターと抗菌キーボード、マウスなどで構成し、筐体の材料や色、モニターの構成、時計や温度計のアクセサリーなどのカスタマイズにも対応する。

 信号配信マネージャーを接続することで、液晶モニターに術野カメラの映像や医用画像撮影装置(モダリティー)の画像、患者情報を集約して表示する。また、操作ソフトウエアと組み合わせることで、IT機器に詳しくないスタッフでも画像切り替えなどを直感的に操作できるほか、他のモニターに表示する画像をCuratOR Surgical Panelから操作することも可能だ。

 なお、今回のCuratOR Surgical Panelと信号配信マネージャーを中心とする映像環境は、2015年11月25日~27日に東京ビッグサイトで開催される「HOSPEX Japan 2015」でデモンストレーション展示される。